まずは会社紹介動画を御覧ください。

 

明治四十年。初代が『榎屋薬舗』をこの福岡県行橋市にはじめての薬屋として営みを始めました。榎屋という屋号は、榎の木の樹皮を煎じて飲ませると「悪縁を断ち良縁を招く」という伝説が有ります。実際、じんましん、うるしかぶれ、腰痛、のどの痛みに効果があります。初代は「悪いものを断って良い方向に転じるように」という意味でつけたと思われます。

「應病施薬臨機応変」これは、初代が残した看板の言葉です。分厚く重い木の板に書かれた力強く達筆なその筆文字。板はすすけ、古ぼけてきているけれど、その初代の想いは、いつでも病気で困った方のために、臨機応変に対応する ことを信条としており、それを私たちが受け継いでいます。

初代は軍人経験を持つ気骨人。見るからに貫禄があり、口元に携えた髭と着物姿の風貌。そんな見た目は恐ろしい初代に、たくさんの患者さんが慕ってきました。「先生、あの薬のおかげで元気になったよ。ありがとう」店の軒先には、たくさんの笑顔があったのだそうです。

二代目を継いだのは私の祖父です。祖父は大正15年に現在の、大阪薬学大学を卒業し、兵庫県庁で薬剤師としての出発をします。その後、現在の福岡市西新にて薬局を開業し、祖父の処方する薬は評判が好かったようです。初代の亡きあとは行橋に帰郷し、榎屋の屋号を「ヱノキヤ」と改名し後を継ぎました。その後、大東亜戦争が勃発。戦況の激しくなるなか、陸軍薬剤官として現在のミャンマーに赴任し「インパール作戦」のなか戦死。

三代目は私の母が継ぎました。母は女性の薬剤師がちらほらと出始めた頃に薬剤師となりました。この時代は、新種の抗生物質が登場し、ステロイド剤が大手を振って迎えられた時代。同時に、副作用の問題などもでてきました。 
「対処療法だけでは真の健康は得られない」。そう感じた三代目は、漢方療法の勉強に取組みはじめました。未知の分野であったにも関わらず、漢方治療の勉強に乗り出せたのは、彼女の持ち前の好奇心と先代の教えが手助けをしたようでした。

四代目は私の兄。岡山大学大学院薬学研究科を修了後、製薬会社の研究所に入所しました。「医薬品とはあくまでも対症療法に過ぎない」。西洋医学の研究職と、病院勤務、その後東洋医学の漢方医の元で勉強した経験から、「人は自然の一部である」ということ。自然の一部であるはずの「人」が、自然に逆らい、無理が生じた結果が「病気」を生むのだという事が分かり、今の榎屋相談薬舗を開局しました。
その後、全国から患者様が見えられるようになりWEB漢方相談室「相談堂」が全国の皆様のご相談にのっています。

現在、私達女性スタッフはその想いを受け継ぎながら、これからも地域の皆様の健康回復のお手伝いをしていきたいと思っております。

ご相談ご予約はこちら

お電話・ご来店・メールにてご相談承っております。

0930-26-1234

メールでのお問い合わせ